出会に感謝

出会いに感謝
セフレの友達
人妻が泣いた
熟女はさみしい
不倫を推進する
メル友と喧嘩する
アダルトの浮気
無修正を配達
アダルトビデオが出回る
カリビアンコムを擁護
天然むすめの一生
ホーム >>

体の構造


出会類(ぎょるい)・出会(さかな、うお)は、脊椎動物亜門 Vertebrata に属する動物群のひとつ。
基本的に一生の間水中生活を営み、鰓(えら)呼吸を行い、鰭(ひれ)を用いて移動する。
体表は鱗(うろこ)で覆われ、外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。
出会類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。
その生態や形態も実に様々である。
出会類全体の種数は2 万5000 〜3 万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。
出会類の大きさは種によってさまざまである。
現存種で最大のものは体長14 m に達するジンベエザメであり、最小のものはインドネシア・スマトラ島の泥炭湿地に生息するドワーフフェアリーミノー(コイ科)の雌(成熟した個体)で体長は7.9 mmである。
[

分布


特徴
鱗(出会へんに?)は1つ1つは小さな板や棘のような形のもので、これが多数集まって体の表面を覆う。
外部の衝撃から皮膚や筋肉、内臓を保護する役割を担う。
出会種によって大きさや形は異なり、鱗を持たない出会もいる。
硬骨出会類の鱗には樹木の年輪に相当する模様が刻まれており、出会の年齢を知るのに役立つ。
鱗は大きく4種類に分けられる。
現存する硬骨出会類の多くは円鱗(えんりん)あるいは櫛鱗(しつりん)を持つ。
ヒラメのように体の部分によって円鱗と櫛鱗を有する種類もいる。


体質
沿海部における日本漁業の歴史はたいへん古く、農業や牧畜が未発達だった縄文時代以前から、日本人の祖先たちは漁や採集によって魚介類を収獲していたと考えられる。
鎌倉時代には漁を専門とする漁村があらわれ、魚・海草・塩・貝などを年貢として納めるようになった。
室町時代にはさらに漁業の専門化がすすみ、沖合漁業がおこなわれるようになり、市の発達や交通網の整備、貨幣の流通など商業全般の発達に漁業も組み込まれていった。
江戸時代には遠洋漁業がおこなわれ、また、上方で発達した地曳網による大規模な漁法が全国に広まるなど、漁場が広がった。
戦後の日本経済の成長とともに水揚げ量は増加したが、その増加を牽引した遠洋漁業・沖合漁業が1973年の石油ショックによって漁船のコスト高の影響を受け、また1970年代後半から世界の漁業国が200海里規制を取るようなると、遠洋漁業・沖合漁業の水揚げ量は減少した。
さらに1985年のプラザ合意以降、円高が進んだために水産物の輸入が増加した。
1980年代半ば以降、遠洋漁業・沖合漁業・沿岸漁業などの海面漁業は漁獲量の下落傾向が続き、2000年には水産物の輸入量が生産量を上回った。
このように漁業資源をめぐる国際競争は激化し、今日の日本の漁業は国際化の波にもさらされる一方で、近年は、そうした「とる漁業」から、人工孵化、採卵、放流などによる「育てる漁業」(栽培漁業・養殖漁業)への転換をはかる努力が続けられている。
   

性格
一般には、浮き袋と呼ばれる。
出会の体は海水より比重が大きく、何もしなければ沈降してしまう。
そこで、簡単に浮力を得るために鰾という器官を発達させている。
鰾は伸縮性に富む風船のような器官で、ガスを溜めたり抜いたりして浮力調節を行う。
消化管から枝分かれしてできるが、その後消化管とつながったままのもの(開鰾、有気管鰾)と完全に分離したもの(閉鰾、無気管鰾)があり、出会種によって異なる。
開鰾出会では、水面に顔を出して空気を直接気管から鰾に取り込むが、閉鰾出会では、鰾の周囲にある奇網からガス腺と呼ばれる細胞を介してガスを取り込む。
鰾はガスを溜めるので、水中の音を反響させることができる。
このことを利用したのがウェーバー器官で、コイの仲間がこれを備えている。
ウェーバー器官は、鰾に連絡した一連の骨で構成され、増幅された振動を内耳に伝える。
そのためコイの仲間は骨鰾出会とも呼ばれ、聴覚に優れている。
一方、鰾を持たない出会もおり、これがサメ・エイなどの軟骨出会類である。
鰾の代わりに肝臓に脂質を蓄積することで浮力を得ている。
また、硬骨出会でも底生性のヒラメなどは小さい鰾しかもたない。
鰾は、肺から変化したものと考えられている。
初期の硬骨出会類が淡水生活の中で空気呼吸の必要から発達させた肺が、水中生活への適応として形を変えたものと考えられる。
軟骨出会類は肺を形成する前に分岐したと見られる。
尚、鰾と書いて浮き袋と読む場合もある。

種類
魚介類(ぎょかいるい)、魚介(ぎょかい)は、水産動物の総称。
ただし、鯨・ウミガメなど四肢動物は含めない。
まれに、動物に限らず、コンブ・ワカメなどの海藻を含める場合もある。
その場合は水産物と同義である。
水産物には湖沼産や河川産のものもあるが、海産のものに限って海産物という語もよく使われる。
「魚」とは魚類のことであるが、「介」とは、古代中国の五行にもとづく動物分類で、亀・甲殻類・貝など甲羅を持つ動物の総称である。
ただし、イカ・タコ・ナマコなどは、本来は魚類でも介類でもないが、魚介類に含められる。
亀は本来は介類であるが、魚介類には含められない。
魚貝類という言葉もあり、魚介類の単なる書き間違いのこともあるが、文字どおり「魚類と貝類」と解釈されることもある。

安全性

関連項目

  • 魚類
  • 貝類
  • 漁業

Yahoo!検索

無料 レンタルサーバー